救急医療の厳しい現状

日本では急病や事故などによる外傷に対して素早く救急車を呼ぶことによって命が助かることにつながります。

海外では救急車を呼ぶだけでお金がかかりますが、日本の場合は救急車を呼ぶことに関しては無料です。

いつでもどこでも誰でも救急医療を受けられるように地域ぐるみで整備されています。

日本の救急医療制度は患者の程度によって1次救急から3次救急までの3段階に分けられています。

1次救急は入院の必要が無く外来で対応することができる程度の患者を受け入れています。

2次救急は治療をして入院が必要な患者、3次救急は集中治療室(ICU)での治療が必要な患者に対応しています。

最近は救急患者がたらいまわしにされることが社会問題化されています。

救急に対応する病院は患者が決めているわけでなく、搬送する救急隊が決めています。

病院側としては受け入れたいわけですが、受け入れ態勢が整っていないために拒否しないといけなくなるわけです。

そうなると2つ目やさらに3つ目以降の病院を探さないといけなくなり、病院に診てもらうまで時間がかかってしまいます。

2011年では救急搬送で3回以上も拒否された件数が1万7千件以上になります。

患者がたらいまわしにされた結果亡くなるというケースも出てきています。

救急医療の別の問題として、外来診療をしていない休日や深夜帯に軽症患者が救急外来を受診するというコンビニ受診という問題があります。

休日や深夜帯に受け付けている救急外来は救急患者に対応するために人員を割いているわけで、多数の患者の診察をするためではありません。

救急外来に軽症患者が多くなると、本来見る必要がある重症患者や入院中の患者に十分に対応できなくなります。

自分が救急車を呼ぶような状況になった場合に、たらいまわしをされないように対策をするといいでしょう。

救急車で搬送されるような地域の救急病院にかかっておくとどういう患者かが分かりますので、比較的受け入れてもらいやすいです。

 

救急患者の「たらい回し」解消に期待 – 医療安全推進者ネットワーク

自信に繋がる精力剤はガチンコパワー